2015年03月24日

日本語の句読点の登場

693c041886ec99996f4af75481805e66_s.jpg

「、」「。」のことです。

文章を正しく読めるようにするためにある文字ですね。

読み手が、読み間違うことが無いのであれば必要がありません。

漢文などでは句読点が存在しません

日本も昔は漢文で書かれていましたが、平仮名が入り、読み間違いが出るようになり、文章の間に空白を入れ、句読点の記号が導入されたようです。

ときは明治39年に公文書の句読点に関する指針が出始めました。

大学で論文を書かれた方は、句読点のルールという指導があった人もいるのではないでしょうか。

日本語でも句読点に「,」「.」が使われます。
現在は、ほとんど見かけませんね。でも公式でまだ存在する句読点なんですよ。

posted by ネタ at 05:00 | Comment(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。