2015年03月17日

日本の衆議院議員選挙

110257.png

投票には行くものの、実は制度良く分かっていない、なんて人はいますでしょうか。たぶん、いるのではないでしょうかね。

選挙に行ってない。それは困りますね。ぜひ参加してください。


現在の衆議院議員選挙は、小選挙区制比例代表制の2つの制度を同時に採用した選挙です。

有権者は小選挙区制のための1票と比例代表制の1票、合わせて2票を有します。


小選挙区制とは全国を295の選挙区に分けて、選挙に立候補した候補者に投票し、各区から一人ずつ当選者を選出します。

比例代表制は、全国11ブロックに分けて、政党名で投票し、得票数に応じた当選者数が各党に割り振られます。合計で180名です。
割り振りについては、またネットで調べてみてください。


なんでこんな仕組みにしているの?という点ですが、
それぞれにメリット、デメリットがあって、組み合わせているんですね。

小選挙区制は各区ごとに多数決で1位を決めます。メリットは政権交代など民意の反映がしやすい
デメリットは日本全体で、少数政党が各地で勝てない場合、少数の民意がつぶされてしまう点です。

当選者以外の票数は無視されるという言い方になるでしょうか。


比例代表制は、小選挙区よりも広いブロックでの、政党への投票になり、全ての票数の結果で各政党の当選者数が決まります。
小選挙区制よりも少数の民意を拾えることがメリットです。

デメリットは小政党へ議席が配分される可能性があり、政権政党が不安定になることです。

posted by ネタ at 05:00 | Comment(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。